Starting Over

アクセスカウンタ

zoom RSS 活動集大成

<<   作成日時 : 2012/01/23 21:58   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 1

2012年、年明け早々に

「5Sアドバンスワークショップ」を開催しました

画像


これは、前回9月に実施した基礎編の次段階のワークショップ、
今回は三日間に拡大した大イベントです


今回の3大テーマは
5S活動を導入し始めた各施設の進捗状況の共有
応用編として5S活動の維持のための方法や評価技法
国家戦略や他国事例紹介


9月の基礎編で習得した5S活動は
参加した各施設で少しずつ広がり、ある施設では保健省に出張講座を依頼したり、
進捗状況をニュースレターとして発行したりと、
たった3カ月で5S活動がこんなに盛り上がるとは、とてもうれしい報告です


画像


しかし、そんな盛り上がりも長くは続かないのが5S活動の悩み
これは日本でも同じです


5Sの中でも、S4(清潔)S5(躾)は5S活動を維持継続させる要

英語ではS4をStandardizeと表現し、ルールを標準化する、共通した基準で評価するという意味

S1-S3をS4でまとめて、S5で維持するという感じです


配属先のドーワ県病院は、4年前から導入されたもののS4−S5が進まず活動停滞

職場環境改善チームは存在するものの、
メンバー、役割分担、定期会議が決まっていなかったこと、
S4とS5が弱い理由


各部署の5S活動の停滞は
スタッフのやる気が下がっていたことや目的が理解されていなかったことが理由でした


そこで昨年は、職場環境改善チーム(QIT)のS4強化年間として
過去の資料の整理、議事録作成の徹底、役割分担、メンバー表更新、
各責任部署(指導部署)を配置、
5S活動の定期評価会、フィードバック会議、などなど

5S活動を継続するためにいろいろな工夫や話し合いをしてきました


形だけではS4ができているように見えるのですが
それでも停滞してしまう5S活動


S5である躾や教育が次の課題です


時には「自分たちに利益がない」と反対する人がいたり、
他国の研修に参加できる人(選ばれた人)を妬み、
掲示板に落書きしたりポスターがはがされたりと、
人間関係が崩れそうなときもありました


利益とは何だろう・・・


現地の人と付き合っていく中できづいたキーワードは

「認める」 「任せる」 
これがモチベーション向上と活動の活性につながることがわかりました



そこで今回は、
ドーワ病院のスタッフがこれまでやってきた5S活動を
院内スタッフで認め合い、そして院外のお客さんに評価してもらおう!
というイベントを企画


5S活動の競争(Competition)ではなく、5S活動の承認(Recognition)です

画像



画像


競争は相対評価
承認は絶対評価

他部署と比べていいとか悪いとかではなく、
この数年で活動してきた努力を認め、
個人ではなく各部署のチームに対し、表彰

5Sマグカップは院内5S予算から捻出
彼らの強い希望でこれに決定・・・陶器職人にオーダーし作成
画像


そして、院長のサインが入った「承認します」という証を授与

画像



このイベントをワークショップ内に取り入れたことによって
5Sを始めたばかりの他施設からの参加者にとっては、よい目標となり
5Sが停滞していたドーワ病院にとっては、よい刺激と評価になました


このワークショップを機会に、
また一人二人と、「5Sに取り組みます」という姿勢のリーダーが増えればいいな




(タイトルから脱線しました)
ワークショップの話に戻しましょう

アンケート結果で好評だったのはグループワーク
「5Sツールを作ってみよう」という工作タイムを企画しました

日常によくある文房具と空き容器や空き箱の廃材を使って
オリジナル5Sツール(書類ラックや、薬分別容器など)を作り
そのアイディアを共有するという目的

画像


このワークの最大のねらいは、
文房具を使いこなせるアイディアマンの日本人ボランティアと
理論は理解しているけれども、ある資源をどう使えばよいか迷っているマラウイ参加者とが一緒になって
おもしろいアイディアを生み出せること
(日本人ボランティアの力の見せどころです)


体裁にこだわったり、形よりも目的にこだわったり、
難しい表情だった参加者でしたが、
座学だけでなく午後の講座の眠気ざましにもなったようで

画像


なかなかおもしろい作品ができました


内容盛りだくさんの三日間

ゲストも豪華に
保健省から看護局長にお越しいただきました
JICA所長は2日間も参加してくださり、国内ラジオ局からの取材も受け

緊張感と注目が高まるワークショップ

こんなに大きな研修ができるとは思ってもいませんでした


企画や準備、運営はとても大変だったけど、たくさんの方々に協力してもらい
参加者のアンケート回答では、88%が大満足と回答

ちょっと早いけど活動の集大成、やっと任務が果たせた気がします


画像



気がつけば、帰りのフライトも、帰国後の研修日程も調整されていて


帰国日は1日早まり、3月22日夜に羽田空港着


笑顔で帰国する準備ができそうです


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ 財布
活動集大成 Starting Over/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 財布
2013/07/04 06:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ワークショップ、お疲れさま!内容も充実しててすごいなぁ!!工作も面白そう^^ぜひ参加したかったなー。僕の所は半年以上経ってやっとターゲットエリアを設定したとこだよ。。ってもう帰るんですけど・・。
競争ではなく、承認って良い言葉だね〜。
ちく
2012/02/24 03:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
活動集大成 Starting Over/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる